Pocket
LINEで送る

広尾は恵まれた環境に囲まれているのですが、少しばかり敷居の高いイメージが持たれているのも事実。
賃貸マンションに住むことを考えるとなおさらでは。実際のところはどうなのか説明していきます。

 

・広尾が住みやすさ抜群の街といわれる訳


広尾周辺は治安がいいエリアと言われています。周囲に大使館が多いため、警官や機動隊によるパトロールが頻繁に行われているからです。
警視庁公表による犯罪データでは、平成29年度における広尾駅の犯罪発生件数は年間34件。
渋谷区全体で起きた犯罪合計数は1,729件ですから、僅か2%でしかないのです。

渋谷区というと暴れる若者やトラブルが多い街というイメージが強いかもしれませんが、広尾周辺に限っては問題ありません。
広尾は繁華街のような騒がしさは無く、また夜でも明るい場所が多いので、ひとり暮らしの女性でも安心して暮らすことができます。

交通アクセスは良好です。広尾駅から東京メトロ日比谷線に乗れば、約10分で渋谷駅に着きます。
居住場所によっては、恵比寿駅や六本木駅を直接利用することも可能。加えてバスの本数がたくさんあるので、都内主要エリアに行くのは簡単です。

 

・広尾の賃貸マンションで暮らすメリットはいっぱい

 

スタイリッシュでセンスがいいショップが立ち並ぶ広尾。インターナショナルな雰囲気と共に下町風情も感じられ、
都心らしからぬ緑豊かな自然とマッチして独特の雰囲気が漂っています。
有栖川宮記念公園やナショナル麻布マーケットなどは、そんな広尾を代表する有名スポットといえます。

広尾駅から近い、敷地面積約7万㎡の日本庭園が有栖川宮記念公園です。四季折々の自然を満喫できるので、親子連れの散歩からデートコースまで利用されています。
敷地内にある都立中央図書館は国内最大級の公立図書館です。

その有栖川宮記念公園の向かいには、ナショナル麻布マーケットがあります。種類豊富な海外の珍しい食品や輸入雑貨を購入することができる有名店です。
買い物客の約
6割が外国籍ということで、店内には常に多様な国の言葉が飛び交っています。

 

 

 

・気になる広尾の賃貸マンションの家賃相場

 

広尾の賃貸マンションで暮らすことを考えたとき、どうしても家賃が気にかかるのでは。
広尾は都心有数の便利かつ住みやすいエリア。ですから安い家賃で住むことは難しいと言わざるを得ません。

一人暮らし向けは13万円前後。1LDK、またはファミリー向け物件であれば20万円前後が相場といえます。
2LDKでは23万円前後、新築のタワーマンションや高級マンションならば30万円以上と考えておくべきです。

家賃が高いことで知られる六本木よりは低めですが、東京の中心地に位置しているだけあって、決して安くはありません。
しかし生活の利便性や住環境の素晴らしさを考慮したら、

手を出せない額ではないのでは。

広尾には賃貸マンションがたくさんあるので、お気に入りの物件が見つかる可能性は大きいといえます。
六本木とは異なる魅力の広尾は、賃貸マンションライフをスタートさせるにはおすすめです。

広尾という魅力的な街について、ご理解いただけたでしょうか。
快適かつ安心できる生活を求めるのであれば、広尾の賃貸マンションは最適といえます。

前向きなご検討をおすすめします。